現代で刀工(刀鍛冶)になるには

現代で刀工(刀鍛冶)になるには

現代で刀工(刀鍛冶)になるには

まず日本刀の製造には文化庁の許可が必要とされます。そして文化庁からの許可を得るには、刀工資格を持つ刀工の元で5年以上の修行を積み、文化庁が主催する実地研修会を終了する必要があります。

 

 

つまりまずは師匠に弟子入りする必要があるわけですが、これがなかなかハードルが高いのです。

 

刀工の多くは経済的に恵まれているわけではないので、弟子をとることに消極的な為です。

 

現在活動する刀工は300人ほどとかなり少なく、受け皿は相当限られているといえるでしょう。

 

一般的な就職活動のように、大々的に募集が行われ、説明会などがあるわけでもないので、自ら積極的に行動し、ツテを作っていく必要があります。

 

行動力だけでなく、運によるところも大きいので、本気でこの道を目指すのなら相当な覚悟が必要だと思います。

 

<スポンサーリンク>
トップへ戻る