日本刀の刀身の各部名称

日本刀の刀身の各部名称

日本刀の刀身の各部名称

刀剣の鞘に収まる部分、刃がある部分のことは刀身といいます。特有の反りがあるのが特徴の他、以下のような構成要素で成り立っています。

 

峰(みね)

日本刀の刀身は一般的に片刃で、刃のない側は峰もしくは棟と呼びます。片刃ですと、つばぜり合いの時に自分の刀で傷を負うリスクがないこと、峰に手を添えて体重をかけ斬り裂くことが出来るなどのメリットがあります。

 

 

鎬(しのぎ)

また刃と峰の間の膨らみ部分は鎬(しのぎ)といい、その鎬に走っている線のことを鎬筋、鎬筋と峰との間の平地のことを鎬地といいます。⇒⇒さらに詳しく

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

樋(ひ)

また鎬地と峰の間には樋(ひ)と呼ばれる細長い溝が両面にそれぞれ1〜2本掘られる場合もあります。⇒⇒さらに詳しく

 

茎(なかご)

刀身の柄に収まる部分のことです。柄と茎を固定する棒状の固定具を通す為の穴(目釘孔)が空いています。また刀工はこの部分に銘を切るのが習わしになっています。⇒⇒さらに詳しく

 

刃文(はもん)

刀身に浮き出ている波紋様のことです。焼き入れの際の効果により現れ、刀工や製法、流派による個性が顕著になる部分です。美術品としての日本刀の最大の見所といってもいいでしょう。⇒⇒さらに詳しく

 

<スポンサーリンク>

日本刀の刀身の各部名称記事一覧

日本刀の最大の特色ともいえる「反り」。反りの役割については【日本刀の反りの意味:反りなしとの違いは?】にて紹介しましたが、実用面だけでなく芸術面においても重視され、日本刀鑑賞における見所の一つです。そして一口に反りといっても、以下のように様々なタイプの反りが見られます。腰反り(こしぞり)刀身が峰側にあたかも倒れるように、手元に近い所に反りの中心があるタイプです。中反り(なかぞり)反りの中心が刀身の...

日本刀は、作刀の過程の処理で、地と刃の境に「刃文」と呼ばれる模様が表出します。この刃文は、刀工や流派、時代等による独自性が最も顕著になる部分で、日本刀鑑賞における重要な見所とされます。そして刃文は直刃(すぐは)/乱れ刃(みだれば)に大別されます。直刃模様がまっすぐにでるタイプの刃文です。直刃にはさらに出方によって細直刃・中直刃・広直刃などに分類することができます。直刃は乱れ刃に比べると一見変化に乏...

日本刀は時代のニーズに伴いその形態を変化させていきました。日本刀の見所の一つである切先(きっさき)に関しても、その長さ・ふくら(切先の曲線部分)の付き方・焼刃(刃文)等に、時代ごとに異なった特色があることがわかります。切先の形状による分類小切先小型の切先で、平安後期〜鎌倉中期の古刀に多いタイプです。中切先中型の切先で、古刀・新刀問わずこれが最も多いタイプです。大切先大型の切先で、長大な刀剣が流行し...

身幅が狭く反り・峰があり、中央に鎬筋がある様式。これが世間一般に最も広く認知される日本刀の姿であり、実際日本刀とはこの様式のものを指した呼称です。しかし日本刀の定義を「日本で作られた刀剣」と広く取るとすると、日本刀には鎬筋がなく平面なもの両方に刃があり中央に鎬筋があるもの身幅が切先に向かって細くなっているもの・広くなっているものなどなど非常に様々な形態(造り込み)のものがあることがわかります。ここ...

日本刀の茎(なかご)とは、刀身のうち柄(つか)に収まる部分のことです。「柄の中に納める」という意味からこのように呼ばれています。柄と茎を固定する為の棒状の固定具を通す穴(目釘孔)が空いており、また茎には大抵刀工の銘が切られています。茎の長さ茎の長さに合わせて柄も作られることになりますが、一般的には柄と茎の長さは大体同じくらいになります。柄に対して茎が短すぎると破損の恐れが高くなるとされています。茎...

樋(ひ)とは、鎬地と峰の間に両面それぞれ1〜2本掘られる細長い溝のことです。この溝の意味合いとしてはいくつかありますのでご紹介します。樋の役割1.軽量化樋の主な意味合いは刀身の軽量化が目的です。軽量化の為に刀身を削ると、剛性を失ってしまうように思いますが、樋を掘ることで刀身全体が圧力や曲げに強いH型鉄骨と似たような性質を持つので、結果的に削る前の剛性はそのまま維持されます。2.血流し・傷隠しまた樋...

鎬(しのぎ)とは刃と峰の間の膨らみ部分のことです。鎬は斬れ味を追求し薄くした刃先と厚みのある峰のウェイトバランスをとろうとした結果できた部位といえるでしょう。鎬の厚みは刀によって差があり、厚みがあるものは「鎬が高い」、薄いものは「鎬が低い」と表現します。さらに鎬に走っている線のことを鎬筋、鎬筋と峰との間の平地のことを鎬地といいます。「鎬を削る」という、熱戦を指して使う言葉がありますが、これは刀の鎬...

目釘とは、柄と刀身の茎を固定する為の棒状の固定具です。柄と柄に差し込まれた茎(なかご)には目釘孔という穴が1〜2個あり、その穴に目釘を通すことにより両者が固定されます。古来目釘には金属製のものが使われていましたが、刃切れを起こす為木製のものが使われるようになりました。木の種類は主に竹で、3年以上寝かせて乾燥させてから使用します。刀身制作において、茎に目釘穴を空けるのは最後の仕上げの段階です。そして...

刃文は、作刀の過程の処理で、地と刃の境に表出する特有の模様のことです。刀工や流派、時代等による特色が最も顕著になる部分です。刃文が出る理由このように刃文が現れる理由は、日本刀の多くが硬鉄と軟鉄を合わせて作られている為です。刀身を加熱する「焼き入れ」という工程で、刃の表面に「マルテンサイト」と呼ばれる硬鉄が表出し、これがいわゆる刃文となるのです。焼き刃土による作用また焼き入れの際に刀身には、粘土や砥...

日本刀が出現する前に、日本で使われていた刀剣は、反りがない直刀が主流でした。しかし平安時代中期になり、戦闘様式が騎馬戦中心になると、馬上からの引き切りに適した、反りのある刀に需要ができたのです。以降騎兵だけでなく、歩兵が使う武器としても反りのある刀が主流になっていきました。反りなしと比較した場合の利点切りつける動作というのは肩を支点とした円運動になるので、刀身に反りができているとスライドさせるよう...

トップへ戻る