日本刀の定義と特徴

日本刀の鎬(しのぎ)ってどこの部位?

日本刀の鎬(しのぎ)ってどこの部位?

鎬(しのぎ)とは刃と峰の間の膨らみ部分のことです。

 

鎬は斬れ味を追求し薄くした刃先厚みのある峰のウェイトバランスをとろうとした結果できた部位といえるでしょう。

 

鎬の厚みは刀によって差があり、厚みがあるものは「鎬が高い」、薄いものは「鎬が低い」と表現します。

 

さらに鎬に走っている線のことを鎬筋、鎬筋と峰との間の平地のことを鎬地といいます。

 

sinogi20180412

 

鎬を削る」という、熱戦を指して使う言葉がありますが、これは刀の鎬が削れ落ちるほど激しく斬り合う様が由来になっています。

<スポンサーリンク>
トップへ戻る