日本刀の拵えとは:種類や役割

日本刀の拵えとは:種類や役割

日本刀の拵えとは:種類や役割

日本刀は刀身と、その外装である

 

  1. 鞘(さや)
  2. 柄(つか)
  3. 鍔(つば)

 

の3種の部位で構成されています。

 

この3つの外装のことをまとめて「拵え(こしらえ)」「刀装(とうそう)」などと呼びます。それぞれの外装の詳細はリンク先をご参照ください。

 

nihontoukousei20180412

 

拵えの役割

「拵える」とは江戸時代に入ってから使われ出した用語で本来、「ある物に手を加えて美しく見せる」「必要なものを整える」などの意味があります。

 

拵えは当初、刃から自身の安全を守り、刀身を保護する為だけのものでしたが、時代の変化と共に、携帯時の利便性や身分の象徴として芸術性といった要素も求められるようになったのです。

 

拵えも重視されるようになった結果、制作に高度な技術をが求められるようになり、刀身を作る刀工とは別に、

 

  • 丈夫な鞘を作る鞘師
  • 鞘を美しく塗り上げる塗師
  • はばきや鍔などの金具部分を作る白銀師
  • 柄部分を補強する紐を作り巻く柄巻師

 

などなど、各分野に特化した職人が出現しました。

 

<スポンサーリンク>

日本刀の拵えとは:種類や役割記事一覧

刀身を包む覆い「鞘(さや)」。刀身の保護、携帯時に自分や周囲を傷付けないよう安全性を確保する役割があります。日本刀の場合、日本刀特有の刀身の反り具合や長さ、身幅に合わせた専用の鞘が必要になり、その鞘を専門に作る鞘師と呼ばれる職人も存在します。鞘の材質日本刀が現役の時代には、鞘の材質にはホオノキを使うのが一般的でした。ホオノキには軟質でありながら適度な強度もあるので刃を傷めにくい。質感が均質なので、...

鍔(つば)とは柄と刀身の間に挟み、柄を握る手を保護する役割を持つ円形の部品です。鍔迫り合いで力んだときや、刀を突いた時などに、反動で持ち手が刃の方に滑ってしまうのをせき止める、というのが鍔のもたらす最も大きな恩恵といえるでしょう。また刀身と柄の重量バランスを取る役割も担っており、その材質の多くは鉄製となっています。実用性以外の役割最初はただの実用目的だった鍔にも、鋳造技術の向上と共に芸術性が追求さ...

日本刀の鍔は綺麗な装飾が施されているものも多く、日本刀鑑賞の見所の一つにもなっています。ただこれは飾りなどではなく実戦においても持ち手が刃の方に滑ってしまうのをせき止める、刀身と柄の重量バランスを取るなどの重要な役割を持っています。鍔がないと自分の手を傷つけてしまうリスクが生まれるので、なんらかの理由がない限り鍔は実装されます。鍔なしの利点何らかの理由で鍔のない刀といえば、白鞘、仕込み刀などが挙げ...

柄(つか)とは使用者が握る持ち手の部位のことです。柄の出来映えで使用者の握りの感触の善し悪しが変わるので、決して軽視はできない部分です。柄は以下のような構成で成り立っています。目釘柄には刀身の茎(なかご)が差し込まれ、目釘孔に差される目釘(棒状の固定具)で両者が固定されています。目釘には古来では金属製のものが使われていましたが、時が立つにつれと木製のものが使われるようになりました。柄巻き柄は一般的...

以下の画像のように日本刀の鞘に付いている紐の名前は「下緒(さげお)」と呼びます。下緒は最初は刀を腰に結びつけて携行するためのものでしたが、腰帯に差して携行する打刀が流行すると鞘を腰帯に結びつける為に用いられるようになりました。下緒を腰帯に結びつけることで、刀を抜いた時に鞘が抜け落ちない。不意に刀を奪われるのを防止する。といったメリットが生まれ、下緒のついた鞘が一般化しました。下緒の役割の変化ただの...

トップへ戻る