鍔なしの日本刀の利点

鍔なしの日本刀の利点

鍔なしの日本刀の利点

tubanashi20180412

 

日本刀の鍔は綺麗な装飾が施されているものも多く、日本刀鑑賞の見所の一つにもなっています。

 

ただこれは飾りなどではなく実戦においても

 

  • 持ち手が刃の方に滑ってしまうのをせき止める、
  • 刀身と柄の重量バランスを取る

 

などの重要な役割を持っています。鍔がないと自分の手を傷つけてしまうリスクが生まれるので、なんらかの理由がない限り鍔は実装されます。

 

 

鍔なしの利点

何らかの理由で鍔のない刀といえば、白鞘、仕込み刀などが挙げられます。

 

まず白鞘は神様に奉納したり、刀身を保管する為のもので実戦では使いませんので、「鍔なし」の利点が発揮されるとしたら仕込み刀に限ると思います。

 

仕込み刀は刀身を杖や笠など様々なものに仕込み偽装したもので、それとわからないように鍔は付いていません。

 

その昔暗殺や護身用などを目的として、おおっぴらに持ち歩けない場合に重宝したそうです。

<スポンサーリンク>
トップへ戻る