日本刀の歴史

日本刀の歴史

日本刀の歴史記事一覧

日本刀が出現するのは平安後期以降ですが、遺跡からの出土や古事記の記述から、古墳時代にはすでに刀剣類が作られていたことはわかっています。日本刀出現前(古墳〜奈良時代)の刀剣草那芸之大刀(くさなぎのたち)丙子椒林剣(へいししょうりんけん)七星剣(しちせいけん)金銀鈿荘唐大刀(きんぎんでんそうのからたち)黒漆剣(くろうるしのつるぎ)騒速(そはや)こういった日本刀出現前の刀剣の存在は、資料的価値が非常に高...

通常日本刀という場合、平安時代後期以降に形態が確立した、一定の様式のものを指します。具体的には、平安初期〜中期の反りのない直刀と違い、反りのある鎬造(しのぎづくり)の刀のことです。反りが生まれた理由騎馬戦が戦の中心になっていく中で、馬上からの引き切りに適した、反りのある刀に需要がシフトしたのです。(刃渡りも丁度馬上から地上の敵を切りつけるのに適した長さになっています。)平安時代後期になると、武家勢...

鎌倉時代は「日本刀の黄金期」と呼ばれています。武士の台頭により諸国で戦が重なり、刀剣需要の増加と共に、鍛刀技術もピークに達したとされているのです。また後鳥羽上皇(※1)が鎌倉幕府打倒を狙って、刀工を各地から招集・作刀を奨励したことも、この時代の鍛刀技術向上に大きく影響しました。※1…上皇の刀に対するこだわりは強く、自ら作刀に取り組むほどで、承久の乱で敗れ隠岐島に流された後でも、刀を作り続けていたそ...

南北朝時代というのは政治的な区分においては室町時代に含まれますが、刀剣史を語る上では別の時代として区分します。南北朝時代の日本刀の特徴南北朝時代は幕府崩壊により各地で争乱が起き、刀剣の需要はますます大きくなりました。そしてこの時代の刀剣は、広い身幅に刃渡り三尺(約90cm)以上という長大・豪快なものが目立ち、大太刀と呼ばれています。関連記事:大太刀の特徴:長さ/重さ/使い方/運び方など騎馬による集...

室町時代初期には「小反り」と呼ばれる一派が活躍しました。小反りとは【兼光/長義/元重/吉井/大宮など】のどの流派にも属さない刀工の総称で、小反りの名工としては備前長船盛光、康光、家助、経家などが知られています。この時代の日本刀の特徴南北朝時代に流行した長大・豪快な大太刀は下火となり、腰反りのついた優美な刀が増えていきます。いわゆる脇差が積極的に制作されました。戦闘様式の主流が、騎馬による集団戦から...

慶長(江戸時代の直前)以降、世が安定しインフラが整ったことで、日本刀の素材となる均質な鋼が全国に届けられるようになります。このことで刀剣による地鉄の差は少なくなり、均質な地鉄の日本刀が増えました。慶長以降の刀を新刀、それ以前の刀を古刀として区別するのはこの為です。関連記事:古刀と新刀の違い寛文新刀の登場江戸時代初期の島原の乱以降は平和な時代が続き、寛文(かんぶん)頃剣術が竹刀稽古主流になったことに...

刀剣史において江戸時代幕末といえばやはり新々刀の出現でしょう。新々刀とは安永前期より明治維新までの刀のことで、新刀とは区別されます。新々刀とは安永(1772年から1781年)前期、出羽の国から江戸に水心子正秀という、後に新々刀の祖と呼ばれる刀鍛冶がやってきます。正秀は鎌倉時代・南北朝時代の実用用に特化した刀剣の復活を唱えました。そして飢饉や失政などにより武家の衰退が著しいこの時代、人々は変革の必要...

明治政府は西洋の文化を次々と取入れ近代国家の創設に邁進します。しかしその一環として四民平等を実現する上で、特権を持つ「武士」の存在がどうしても邪魔になります。そこで明治6年(1873年)敵討禁止令で武士階級のみに許可されていた仇討ちを禁じる。明治9年(1876年)廃刀令で日本刀を腰に差し往来することを禁じる。といった対策を講じ武士の階級を平民同然にしてしまいます。武士がいなくなったことの日本刀文化...

第二次世界大戦における兵器というとほぼ近代重火器一色であり、刀剣類を使用する機会はほぼ皆無でした。しかしその代わり軍装の一部、権威の象徴として、軍曹・曹長などの下士官以上、騎兵・憲兵など特別な兵科区分の兵に支給されています。万歳突撃と日本刀戦中末期の日本軍による万歳突撃は有名です。万歳の叫びとともにギラギラ光る軍刀をふるい突撃してくる様は、米兵の目からは頭のおかしい狂信的行為としか映らず、強烈な忌...

太平洋戦争終結後、GHQは日本の武装解除の一貫として、重火器のみならず日本刀含む刀剣類も兵器の一つとみなし回収を始めます。回収を恐れ、地中に隠してボロクズにしてしまったり、回収基準に満たぬよう小刀や鎌に改造したことで、多くの日本刀が形無しになりました。刀の返還と赤羽刀回収された何十万本という日本刀はアメリカ軍が保管し、占領解除後(1952年-)に日本政府に返還されました。この刀は愛好家の間では「赤...

トップへ戻る