日本刀の製法や材質

日本刀の製法や材質

日本刀の製法や材質記事一覧

日本刀は堅牢性と斬れ味を併せ持つ必要があります。全く刃が立たなかったりすぐに折れたり曲がったりしてしまっては困りますよね。その為、刀身の材質となる鋼の製法・選定は非常に重視されます。刀身の材質は何?鋼の製造技術は鎌倉時代(古刀期)がピークとされていますが、この時代の刀の原材料・製法については史料が少なく詳しくわかっていません。以下で解説する現代に伝わる伝統的製法は、江戸時代以降の新刀製作の記録に基...

日本刀の作り方のSTEP1では、刀身の大本となる質の高い鋼の作成を行います。日本刀制作STEP1の流れ原材料の調達日本刀の原材料である玉鋼を調達します。山で砂鉄を採取し、それを炉で木炭を使い低温で還元、純度の高い鉄、すなわち玉鋼を作ります。この鉄の製法を「たたら炊き」といいます。サーベルなど海外の多くの刀剣は鉄鉱石を原料としますが、砂鉄を原料とするのは日本刀ならではといえます。砂鉄は不純物が少なく...

この日本刀制作のSTEP2は、前回のSTEP1で作った鋼から、刀身の芯となる「芯金」とそれを覆う「側金」を作り、いよいよ日本刀らしい姿に整える作業になります。日本刀制作STEP2の流れ積沸かし下鍛えが済んだ鋼の塊をまた小槌で叩いて細かくします。炭素量、鉄の配合度によって分別したものを、それぞれを積み上げて溶かします。この工程によって炭素量が異なる心金(しんがね)/棟金(むねがね)/刃金(はのかね)...

日本刀制作の後半戦です。STEP3では、刀剣の頑強さや斬れ味を大幅に左右する「焼き入れ」という超重要な工程を解説します。日本刀制作STEP3の流れ土置き重要工程「焼き入れ」の準備として「土置き」を行ないます。土置きとは平地用、刃文用、鎬地用の3種の「焼場土(やきばつち)」呼ばれる粘土を刀身に盛る作業のことです。盛る順番は一般的に平地用⇒刃文用⇒鎬地用とし、刃側には薄く、棟側には厚く盛るのがポイント...

STEP3で焼き入れまで済んだら、後は最後の仕上げの工程です。この工程を終えたら刀工の仕事はひとまず終了で、拵えの制作は鞘師や金工師といった専門の職人が引き継ぐことになります。日本刀制作STEP4の流れ鍛冶押し(かじおし)刀の出来映え(全体の形や肉付きなど)を確かめながら、反り具合、細かな傷などを修正していきます。茎仕立て柄(つか)に差し込む茎(なかご)を、銑ややすりを使って形を整え、柄にはめる為...

日本刀研磨については、他の刃物の研磨とは一概にして語れない部分があります。というのも包丁やナイフなど大抵の刃物研磨の主たる目的は「切れ味を取り戻すこと」にありますよね。しかし日本刀の場合これも目的の大前提ではあるのですが、本質は刀身を研ぎ、日本刀最大の特質といえる地鉄・刃文の美しさを際立たせることにあるのです。日本刀研磨師というのは、職人でありながら、刀剣に眠る美的芸術性を引き出す「芸術家」として...

日本刀研磨の工程は下地研ぎと仕上げ研ぎの2工程の進行になります。前半:下地研ぎ下地研ぎでは地刃のムラをなくし、刀身の姿を整える作業を行います。峰・平地など刀身の部位によって、研ぎ方を変える所がポイントです。また研磨の際には水を使用しますが、錆びを防止する為に洗濯ソーダ(重曹)を混合させたものを用います。使用する砥石また使用する砥石は、最初は荒い物を使用し、地肌の状態を見ながら徐々に細かいものに変更...

日本刀の鞘は刀身の保護と、携帯する物の安全面を確保する役割を持つ重要なものです。今回はその鞘制作を専門にする職人のことを鞘師の仕事の流れを簡単に解説したいと想います。日本刀の鞘の材質材質はホオノキで、加工後の反りを防ぐ為に、10年自然乾燥させてから使用します。日本刀の鞘制作の流れホオノキから刀身の長さに合った2枚の板を作ります。2枚とも合わさる面を刀身の形に削り、米粒から作った糊(木工用ボンドでも...

日本刀について調べていて「磨上げ(すりあげ)」という言葉を目にしたことがあるかもしれません。磨上げとは日本刀を短く作り直すことです。茎(なかご)尻のほうから切り詰めて、全体の長さを短くするのです。磨上げを行う理由磨上げを行う理由は主に使用者の手の長さや身長に合わせるため戦闘様式の変化に適応させるためなどです。例えば刃渡り三尺もある長大な大太刀は南北朝時代に流行しましたが、戦闘様式の変化で大太刀にさ...

古刀とは日本刀誕生の平安時代中期から室町時代までに作られた日本刀のことです。(日本刀の歴史も参照)しかし古刀の製造方法については史料がほぼ残っておらず詳しくわかっていません。現代に伝わる日本刀の製法は、江戸時代以降の新刀制作の記録に基づくものであり、もし今古刀を作れと言われても誰もその方法を知らないのです。古刀の鉄が再現できない理由古刀の製造法がロストテクノロジーとなったのは、古刀にどんな鉄を使用...

木刀の材質には主に樫が使われていますが、同じ樫でも赤樫/白樫/本赤樫など種類があり、それぞれ以下のような違いがあります。赤樫と白樫の違い赤樫は軽いのですが、その分耐久力に難ありなので強く打ち合うと折れやすいという欠点があります。一方白樫はささくれやすいという欠点がありますが、硬く折れにくいのでコストパフォーマンス上は白樫のほうが優れているといえかもしれません。ただ赤樫は柔らかい分、手に衝撃が伝わり...

トップへ戻る