日本刀の種類:長さや形状による区分

日本刀の種類:長さや形状による区分

日本刀の種類:長さや形状による区分

日本刀の種類を長さや形状により区分すると以下のようになります。

 

直刀(ちょくとう)

主に中国大陸から伝播したものです。大刀とも呼ばれ、刀身に日本刀特有の反りがありません。古刀が生まれる前、平安時代中期以前はこの刀が使われていました。⇒⇒さらに詳しく

 

太刀(たち)

平安後期に生まれ、戦国時代頃まで一般的だった刀です。「断ち」が語源と考えられています。全体的に打刀と比較して、刀身の反りが深い傾向にあります。また打刀は刀身の幅の変化が少ないですが、太刀は鍔元が広く、切先に行くほど細くなるという傾向にあります。現代の分類では、60cm以上のものは太刀、60cm以下のものは脇差と呼びます。⇒⇒さらに詳しく

 

大太刀(おおだち)

太刀の中でも、刃渡り90cm以上の長大な刀身をもつ刀です。野太刀とも呼称されます。あまりに大きいので、腰に差すのではなく、背にかつぐ形で携行されました。立ち会いではなく、馬上から歩兵などをたたき切る為に用いられました。⇒⇒さらに詳しく

 

小太刀(こだち)

太刀の中でも刃渡り30cm以上60cm未満の刀身の短い刀のことです。現代では脇差と同じものとして分類されますが、古来は60cm前後の短い太刀のことをこのように読んでいました。⇒⇒さらに詳しく

 

刺刀(さすが)

短刀の一種で、刺突に重点を置いた補助武器です。鎌倉時代、歩兵の主戦武器が薙刀であった時に、薙刀を失った時や乱戦で長い武器が使えなくなった時に使われた刀です。これが長くなりやがて打刀に発展することになります。

 

<スポンサーリンク>

 

 

打刀

室町時代より発展した刀です。現代では単に日本刀と呼んだ場合、この打刀をさす場合が多いです。刃渡り60cm以上のものをさし、それ未満のものは一般的に脇差と呼びます。前述の太刀は主に騎兵が使用しましたが、こちらの打刀は主に歩兵が使用しました。⇒⇒さらに詳しく

 

脇差

打刀の中でも、刃渡り30cm以上、60cm未満の短いものをさします。60cm以上のものを主兵装(本差)として、脇差を補助武器として使用するのが一般的でした。⇒⇒さらに詳しく

 

短刀

脇差よりもさらに短い刃渡り30cm未満のものをさします。30cmを越えても短刀の様式を持つもの(反りや鎬がない)は寸延短刀(すんのびたんとう)と呼ばれます。⇒⇒さらに詳しく

 

鎧通し

身幅が狭く、重ねが厚い、刃渡り21cm前後の短刀です。戦場で組み合った時、とっさに抜き相手の鎧の隙間を突くのに用いられました。

 

長巻(ながまき)

刀身とほぼ同じ長さの柄をもつ刀で、全体で180〜210cm程度の長さがあります。大太刀を振るいやすくする為に発展したものです。

 

薙刀(なぎなた)

長い柄に反りのある刀身を装着した武器で、その名の通り斬るというより薙ぎ払うことを目的として用いられます。刀身は約30〜60cm、柄は約90〜180cmです。

 

仕込み刀

刀身を杖や笠など様々なものに仕込み偽装した刀です。様々な理由で刀を大っぴらに携行できない場合の護身用や暗殺用に制作されました。⇒⇒さらに詳しく

 

<スポンサーリンク>

日本刀の種類:長さや形状による区分記事一覧

直刀というのは反りのみられない日本の刀剣のことです。日本刀最大の特色に刀身の反りがあるのですが、平安中期以前の古墳時代〜奈良時代は反りのない直刀が使われていました。直刀は日本刀ができるはるか昔に中国大陸より伝播したもので、日本刀の時代区分においては「上古刀」とも呼ばれます。武器として用いられたのは勿論、献上品や権威の誇示などにも用いられました。上古刀のイメージ。古墳時代の遺跡から形態的にも様々なバ...

太刀とは、刃渡り2尺(約60cm)以上の長大な刀剣の総称で、太刀緒で腰から下げる形で携帯していました。平安後期から戦国時代頃まで広く普及しており、語源は「断ち」に由来していると考えられています。太刀の種類大太刀(おおだち)刃渡り90cm以上の長大な太刀です。別名「野太刀」。背に担ぎ、立ち会いではなく馬上から歩兵などをたたき切るのに使用されました。小太刀(こだち)刃渡り30cm以上60cm未満の刀身...

大太刀とは刃渡り3尺(90cm)以上もある長大な太刀のことです。別名として「野太刀」、「背負い太刀」などがあります。普通の太刀との違いは、とにかくその長大さであり、中には記録で3mにも及ぶ代物が使われていたこともわかっています。そして重量も1.5〜4kgと相当なもので、あまりの大きさや重さから腰に差すことができず、背に担ぐか、従者に運ばせて携行するのが一般的でした。関連記事:大太刀の抜き方・運び方...

小太刀とは太刀の一種です。太刀は刃渡り約60cm以上の大きめの刀のことですが、小太刀とは刃渡り30cm以上60cm未満の刀身の短い刀のことを指す言葉です。現代では脇差と同じものとして分類され区別は曖昧になっていますが、太刀や大太刀が流行していた時代(戦国時代頃まで)には、60cm以下の短い太刀のことをこのように読んでいたのです。小太刀誕生の由来小太刀誕生の由来には鎌倉時代貴族達が洒落に手軽に持ち運...

一般的に日本刀といえば「打刀」のことを差す場合が多いです。室町時代以前主流の馬上戦を想定した太刀とは違い、主に徒戦での使用を想定した刀です。※太刀との違いについては【日本刀の太刀の特徴:打刀との違い】を参照反りは先端よりで、身幅は幅元から切先まで変化が少なく、徒戦での使用を前提にしたより斬撃に特化した姿になっています。打刀の長さ太刀と違い、帯に直接差して携行できる程度の大きさで、2尺3寸(60cm...

打刀とは太刀に代わり室町時代以降発展した刀ですが、脇差というのはその打刀の一種です。打刀と脇差の違い江戸時代法改正により、武士は大小二つの刀を差すよう求められました。小さい方の刀は、刃渡り1尺(30cm)以上2尺(60cm)未満の物と定められており、一般的にこれを脇差といいます。大きい方の刀は2尺(60cm)以上2尺3寸(約73cm)以下と定められ、これを一般的に打刀と呼びます。60cm以上の打刀...

短刀とは日本刀の一種で、長さ一尺(約30.3cm)以下の刀のことを指します。一尺を超える少し長めの短刀もあり、こちらは寸延短刀(すんのびたんとう)と呼ばれています。短刀は一般的な日本刀と違い鍔が付いていない合口拵(あいぐちこしらえ)のものが多いです。(「合口」とは柄と鞘の口がぴったりと合う様子が由来です。)その他の短刀の呼び方コンパクトな為携帯性が高く、懐にも収められることから懐刀(ふところがたな...

仕込み刀とは隠し武器として使用される日本刀の一種です。主な用途は護身や暗殺で、大っぴらに刀を携行できない場合に様々な日用品に偽装され使われていました。世の中が安定すると共に廃刀令などの刀の法規制が進み、刀を公然と持ち歩くことができなくなると流行した代物です。仕込み刀にされた日用品の例杖笠三味線扇子煙管十手仕込み刀の特徴刀とわからないように鍔はついておらず、刀身は反りのない直刀がほとんどで、隠しやす...

忍刀とは忍者が使用したとされる日本刀の一種です。忍者とはご存じの通り諜報や暗殺が主な仕事ですので、侍が使用した日本刀と比べ、以下のように携行性や機能性が重視した造りになっています。忍刀の特徴刀身の長さは短めで、打刀と脇差の中間程度の長さ。日本刀特有の反りがない直刀。鍔が大きめにつくられており、ここに足をかけて踏み台代わりにも用いられた。目立たぬよう鞘は黒塗りで、反射しないように艶消しされている。鞘...

一般的に認知される日本刀とは、刀身や柄の形状が異なるのですが、広義の意味での日本刀では薙刀も日本刀の一種とみなされます。薙刀は切ることを目的とした太刀や打刀と違い、薙刀は薙ぎ払うことを目的としています。リーチの長い武器が必要になる馬上戦が主だった南北朝時代に流行した武器です。のちに薙刀の需要が少なくなると、薙刀の茎をつめて柄を短くした「薙刀直し」が多く造られました。薙刀の特徴刀剣史上長いこと用いら...

時代劇などでは、役者さんが片手で日本刀を振り回し、派手な殺陣を演じているシーンをよく目にすると思います。しかしあれは真剣よりもはるかに軽い、本物の刀を模して造った「模造刀」を使用している為にできる芸当です。模造刀は、竹を刀身状に削ってアルミ箔を張ったもの、鋼鉄ではなくジュラルミンを主成分としたものなど、軽量な素材が使われているのです。真剣の日本刀は1kg以上するので、素人が片手で振り回すのはかなり...

竹光とは、削った竹を刀身にして、実際の刀に見せかけたものです。鋼鉄で出来た本物の刀剣を指す「真剣」という言葉がありますが、これは竹刀のようなレプリカの刀に対置する時に使う言葉です。ただ真剣であっても、斬れ味の悪い安物の刀が「竹光」と揶揄されることもありました。竹光の使い方竹の刀身に銀箔やアルミ箔を貼って竹光を実際の真剣のように見せたものも売られており、趣味で集める者もいれば、芝居の小道具などにも利...

剣術や剣道で日本刀の代替として使用する竹刀の特徴をまとめています。竹刀の材質大方の竹刀の構造は「四つ割り竹刀」と呼ばれ、縦に8分割した竹片4本を合わせ、革製の部品でまとめたものとなっています。その名の通り基本竹製ですが、現代では耐久性に優れたカーボン製の竹刀も広く普及しています。竹刀の鍔は円盤状に穴が空いた形になっており、プラスチック製もしくは牛革製となっています。竹刀の長さ竹刀というのは一般的な...

木刀も竹刀もどちらも剣術稽古に使用されますが、その構造や材質の違いから、細かい用途には違いがあります。材質の違い竹刀の材質にはその名の通り竹が、木刀には赤樫・本赤樫・白樫などが使われています。竹刀にも木材が使われているので木刀と言いたいところですが、通常竹刀は木刀には含めません。関連記事:木刀の材質:赤樫と白樫の違いとは?重さや構造の違いやはり材質や構造が違うので必然的に重さも違いがあり、柔らかい...

妖刀とは、妖しい不思議な力を持っていたり、所有者に不幸をもたらすなど、いわくつきの刀剣を指す場合に使う呼称です。妖刀の存在はフィクション作品ではお馴染みですが、あくまで想像上の産物であり、実在を示す史料の発見や科学的な証明はされていません。村正妖刀伝説についてただ刀の所有者や関係した者が、偶然立て続けに不幸に見舞われたりすることで、そういった刀が妖刀として語り継がれる場合もあります。「村正(むらま...

日本刀を使った有名な技に居合術というものがあります。居合術とは、日本刀を鞘に収めた状態で帯刀し、抜刀ざまに攻撃を与える技のことです。正式な技名としては抜き打ちと呼ばれています。日常生活でよく使われる「抜き打ちテスト」の「抜き打ち」は「突然の」という意味で、この居合術が発祥となっています。抜き打ちとは熟練者ほど相手のふいをついた攻撃が可能になるので、突然のという意味で使われるようになりました。日本刀...

トップへ戻る