小太刀の特徴:長さや脇差との違い

小太刀の特徴:長さや脇差との違い

小太刀の特徴:長さや脇差との違い

小太刀とは太刀の一種です。

 

太刀は刃渡り約60cm以上の大きめの刀のことですが、小太刀とは刃渡り30cm以上60cm未満の刀身の短い刀のことを指す言葉です。

 

現代では脇差と同じものとして分類され区別は曖昧になっていますが、太刀や大太刀が流行していた時代(戦国時代頃まで)には、60cm以下の短い太刀のことをこのように読んでいたのです。

 

小太刀誕生の由来

小太刀誕生の由来には

 

  • 鎌倉時代貴族達が洒落に手軽に持ち運べる太刀を欲しがった為。
  • 武士の子供用に作らせた為。
  • 女性の護身用に作らせた為。

 

など諸説ありますが、実際どのような用途で使われたかというのは史料が少なく詳しくわかっていません。

<スポンサーリンク>
トップへ戻る