模擬刀の特徴とは:材質や切れるかどうかなど

模擬刀の特徴とは:材質や切れるかどうかなど

模擬刀の特徴とは:材質や切れるかどうかなど

時代劇などでは、役者さんが片手で日本刀を振り回し、派手な殺陣を演じているシーンをよく目にすると思います。

 

しかしあれは真剣よりもはるかに軽い、本物の刀を模して造った「模造刀」を使用している為にできる芸当です。

 

模造刀は、竹を刀身状に削ってアルミ箔を張ったもの、鋼鉄ではなくジュラルミンを主成分としたものなど、軽量な素材が使われているのです。

 

真剣の日本刀は1kg以上するので、素人が片手で振り回すのはかなり堪えます。

 

 

模造刀は切れるのか

模造刀が切れるかどうかは、刃がついているかどうかで異なりますが、少なくともメッキ仕上げの演劇の小道具として使われるような模造刀に、人を切れるような刃はついていないでしょう。

 

頑張れば大根くらいは切れるかもしれませんが、折れる可能性も高いので実践はおすすめしません。

 

もちろん模造刀も素材によっては、危険な凶器にもなり得るので、決して人に向けて振り回すようなことはしないでください。

<スポンサーリンク>
トップへ戻る