日本刀の種類:時代による区分

日本刀の種類:時代による区分

日本刀の種類:時代による区分

日本刀は時代のニーズに適応し、様々な形に変化してきました。以下は日本刀の一般的な時代区分の種類です。

 

上古刀

古刀が出来る以前(古墳時代〜奈良時代)の刀剣をさし、通常これは日本刀に分類しません。中国大陸から伝播した直刀が一般的で、一部を除き日本刀特有の反りが見られません。

 

古刀

平安後期から江戸時代の直前(慶長)、ざっくり16世紀以前の日本刀をさします。日本刀の特徴である反りが見られます。17世紀以降の新刀に対応する名称です。

 

末古刀

室町時代末期の戦国時代頃の刀を「古刀の末期」という意味で「末古刀」と呼び、区別する場合もあります。戦乱が勃発したことで量産された「数打ち」と呼ばれる粗製の刀が多いです。

 

新古境(しんこさかい)

古刀から新刀へ移る過渡期(安土桃山時代〜江戸初期頃)をこのように呼び区別することがあります。「新刀でありながら古刀の特徴を持つ」のが特徴といえます。元号が慶長から元和に移る時期でもあるので、頭文字をとって慶元新刀とも呼ばれます。

 

<スポンサーリンク>

 

新刀

慶長以降(17世紀以降)の刀のことです。世が安定し、インフラが整ったことで、均質な鋼が全国に出回るようになります。新刀の地鉄はその影響で非常に綺麗になっているのです。(逆にいえば地鉄そのものに地方の特色が出なくなりました。)

 

新々刀

幕末、日本刀が盛況を極めた鎌倉時代・南北朝時代の刀剣への復古が叫ばれた時代に作刀された刀です。幕末刀、復古刀とも呼びます。

 

現代刀

一般的に明治9年(1876年)の廃刀令以降に作られた日本刀をさします。

 

昭和刀(軍刀)

主に軍刀として制作された刀をさします。実践兵器としての有用性は薄れ、軍装の一部、権威の象徴として用いられました。

 

赤羽刀

戦後、武装解除の一環でGHQにより接収され、その後返還された大量の日本刀のことです。

 

<スポンサーリンク>

日本刀の種類:時代による区分記事一覧

古刀とは平安後期から江戸時代の直前(慶長)、ざっくり16世紀以前に作られた日本刀のことです。そして新刀は慶長以降(17世紀以降)の刀のことです。今回は古刀と新刀の違いを紹介したいと思います。地鉄の違い慶長以降世は安定し、インフラが整ったことで、均質な鋼が全国に出回るようになりました。その影響で、慶長以前の古刀と比べ、新刀の地鉄は全体的にとても綺麗※なのです。※逆にいえば地鉄そのものに地方ごとの特色...

江戸期以降の刀を新刀と呼び、それ以前の古刀と区別しますが、新刀は古刀と比べ折れやすいと言われます。これは鎖国で輸入鉄がなくなってから、国産の均質な鉄を利用するようになった為です。使用する鉄に変化がなくなり、刀身全体の炭素量が均一になった為、柔軟性がなくなり折れやすくなった、というわけです。関連記事:日本刀の刀身の材質とは新刀に頑強さはいらず?ただ平和な江戸期における日本刀は、武器としてというより、...

軍刀とはいわば軍用に作られた日本刀のことです。軍刀と日本刀を別物だと思っている人も多いようですが、一般的には日本刀の一種として扱います。軍刀は戦闘目的というよりは、軍装の一部、権威の象徴として、軍曹・曹長などの下士官以上、騎兵・憲兵など特別な兵科区分の兵に支給されました。ただ弾切れ時や近接戦になった時に、直接戦闘の手段として使用することもあったので、全くの飾りというわけでもありません。軍刀誕生の経...

軍刀(昭和刀)の斬れ味については一概には評価できないのが実情です。軍刀にも色々あり斬れる物から斬れないものもあるからです。伝統的な日本刀は刀工が一本一本鍛造して作られるものですが、軍刀の場合工場で刀身の型に鉄を流しこみ刃をつけただけの粗製乱造されたものも多く、こういったものは斬れ味も強度もおせじにも良いとは言えなかったようです。軍刀というのは、兵器というより軍装の一部、権威の象徴、指揮棒などとして...

太平洋戦争終結後、GHQは日本の武装解除の一貫で日本刀含む刀剣類の回収を始め、そして回収された何十万本という日本刀は一時アメリカ軍が保管し、占領解除後(1952年-)に日本政府に返還されました。この日本刀は、刀の保管場所が当時東京都北区赤羽にあったアメリカ軍の倉庫だったことに由来し「赤羽刀」と呼ばれています。また返還された日本刀のうち、美術的価値が高いと判断された5500本あまりの日本刀は、元の所...

トップへ戻る