新刀は折れやすい?

新刀は折れやすい?

新刀は折れやすい?

江戸期以降の刀を新刀と呼び、それ以前の古刀と区別しますが、新刀は古刀と比べ折れやすいと言われます。

 

 

これは鎖国で輸入鉄がなくなってから、国産の均質な鉄を利用するようになった為です。

 

使用する鉄に変化がなくなり、刀身全体の炭素量が均一になった為、柔軟性がなくなり折れやすくなった、というわけです。

 

 

新刀に頑強さはいらず?

新刀は折れやすい?

ただ平和な江戸期における日本刀は、武器としてというより、権威の象徴や美術品としての価値にシフトしていますので、頑強さはそこまで求められませんでした。

 

柄や鍔、ハバキなど拵えを制作する技術が上がり、様々な装飾が施されるなどデザインの幅が広がることで、日本刀鑑賞の楽しみ方も広がっていきました。

<スポンサーリンク>
トップへ戻る