軍刀(昭和刀)と日本刀の違い

軍刀(昭和刀)と日本刀の違い

軍刀(昭和刀)と日本刀の違い

軍刀とはいわば軍用に作られた日本刀のことです。軍刀と日本刀を別物だと思っている人も多いようですが、一般的には日本刀の一種として扱います。

 

 

軍刀は戦闘目的というよりは、軍装の一部、権威の象徴として、軍曹・曹長などの下士官以上、騎兵・憲兵など特別な兵科区分の兵に支給されました。

 

ただ弾切れ時や近接戦になった時に、直接戦闘の手段として使用することもあったので、全くの飾りというわけでもありません。

 

軍刀誕生の経緯

明治時代になると、廃刀令により日本刀の需要は激減してしまいます。多くの刀匠も職を失い、日本刀の伝統そのものの存続が危ぶまれました。

 

しかし西南戦争や日露戦争時の白兵戦における、軍刀の活躍が評価され、再び需要が拡大、大量生産されるようになったのです。

 

関連記事:軍刀の斬れ味はどうだったの?
<スポンサーリンク>
トップへ戻る