日本刀の使い方・技

日本刀の使い方・技

日本刀の使い方・技記事一覧

日本刀を扱う人物が刀の刃ではなく峰の方で打つ「峰打ち」を行う場面は、時代劇や漫画などではよく目にすると思います。主に相手を殺めずに倒す目的に用いられる技ですよね。両刃でない日本刀だからこそ出来る技です。「心配するな、峰打ちだ」とはよく聞くセリフで、危険のない技と認識されがちですが、日本刀というのは実はかなり重く硬いので、まともにくらうと骨折、当たり所によっては致命傷になることもあります。峰打ちのや...

よく漫画やアニメなどフィクションでは、右利きの大太刀使いの場合、右肩から左腰にかけて大太刀を背負っていますよね。作品内では何の問題も無く実に豪快に刀を抜いていますが、実際には大太刀をこんな風に背負ってしまったら、鞘から刀身を引き抜くこと困難とされています。というのもこの背負い方では硬い鯉口を切りにくい。頑張って抜いてもあまりに大太刀が長いので抜ききる為の手の長さが足りない。等の問題が発生する為です...

日本刀は両手で扱うのが普通と考えられがちです。時代劇などでも両手で柄をしっかり持ち構えていますよね。ただ日本刀でも二刀流というスタイルが知られる通り片手持ちで戦うことはありますし、むしろ元々日本刀は片手で使うように作られていたのですよ。馬上戦では片手南北朝時代など長大な太刀が流行した時代は、馬上から片手で薙ぎ払うように歩兵を攻撃する戦い方がなされていました。下方に向けすれ違いざまに切るという攻撃な...

時代劇などでは抜いた刀を非常にスムーズに鞘に収めています。小さな鯉口をろくに見ずに、よくあんなスッと刃を通せる物だと関心してしまいますが、実は納刀には失敗しない手順・コツがあるので、これを知っておくと練習すればうまくいくようになります。刀を納める時の流れは刀を抜く時の手順の逆と考えてください。刀を帯刀している状態と仮定して、右手に刀を持ち、左腰に鞘を携えている状態からスタートです。左手で鞘の鯉口元...

真剣白刃取りとは、自分の頭上に振り下ろされる刀を両手で受け止める技のことです。丸腰の状態から刀を受け止め、武器を奪う・投げ飛ばすなどして反撃する・・・という描写はフィクション作品ではよく見かける技ですね。白羽取りは不可能に近い…?しかし実際に真剣白羽取りを成功させるのは極めて難しく、失敗したら真っ二つで危険過ぎるので実践で使用されることはありません。あくまで創作物の中の超人的な人間がやるものだと思...

トップへ戻る