真剣白羽取りは実際に可能?

真剣白羽取りは実際に可能?

真剣白羽取りは実際に可能?

真剣白刃取りとは、自分の頭上に振り下ろされる刀を両手で受け止める技のことです。

 

丸腰の状態から刀を受け止め、武器を奪う・投げ飛ばすなどして反撃する・・・という描写はフィクション作品ではよく見かける技ですね。

 

白羽取りは不可能に近い…?

しかし実際に真剣白羽取りを成功させるのは極めて難しく、失敗したら真っ二つで危険過ぎるので実践で使用されることはありません。

 

あくまで創作物の中の超人的な人間がやるものだと思ってください。

 

 

仮にそんな超人的な芸当ができる人間がいたとして、わざわざ致命傷のリスクを負う白羽取りという手段を選択するのは利口とはいえません。

 

真剣白羽取りより現実的な無刀取りとは

もしも真剣白羽取りが出来る位の見切り能力・身体能力があるのなら、太刀筋を見切り空振りさせて反撃するか、「無刀取り」を実践したほうがはるかに危険も少なく有効だと思います。

 

「無刀取り」とは刀が振り下ろされる前に相手の懐に飛び込み刀を持つ手を封じるという技で、真剣白刃取りと違い丸腰で刀を持つ敵に対応する為の現実的な技です。

<スポンサーリンク>
トップへ戻る